244
 

自然回帰の森だより

第3回植林祭開催


食品のオリンピックといわれるモンドセレクションにおいて、昨年、最高金賞を受賞した自然回帰水ペットボトルの水源地である熊本県南阿蘇村に感謝を込めて、「第3回植林祭」が4月10日(木)に行われました。

2007年7月発表の『創新プロジェクト100』により、同年8月より活動してきた「地球に愛を」委員会の主催で、生命の息吹を感じるこの季節に全国から集まった総勢100名が、あいにくの花冷えにもめげず『山桜』『山紅葉』を植林し、未来の自然回帰の森創りに足跡を残しました。

この活動はこれからも継続して行われます。空気の美味しい大自然の中での植林は、参加されるお一人お一人に有意義で貴重な体験となることでしょう! 皆さまも次の機会には是非ご参加ください。

「地球に愛を」委員会 委員長 草苅克典

植林祭も第3回目を迎えることができました。この度、初めて「地球に愛を」委員会が主催して開催。全国からたくさんの方々が参加してくださいました。多くの方々の、「次世代の子供達に緑溢れる環境を残してあげたい」という願いの込められたこの植林活動に、大きな期待と誇りをもってこれからも社会に貢献していきたいと思っております。


未来に残すグリーンプラネットの足跡

皆様のご協力お願いいたします。
「自然回帰の森」苗木寄贈者募集中
インターネットからも受付中

現在までの植樹寄贈金額 7,104,000
平成20年3月31日現在