National_header
 

全国最新情報

 

自然回帰水の家 ~アレルギーやアトピーを追求した住宅~

 毎日の水飲み健康法で、『回帰水』のよさを実感していることと思いますが、人の体によいのなら、と家に飲ませた(?)人がいます。新潟県の住宅メーカー、アルファ企画の渡邊社長が、その人。自社が設計・施工する住宅では、基礎工事から内装のクロス張りまで、施工に関わる水に『回帰水』を使用し、標準仕様として組み込んでいます。

 いつかは建てたい、憧れのマイホーム。地震に強く、段差はなくて吹き抜けがあって、キッチンはオープンで、北欧風の白木調で……と、夢はそれぞれ膨らみますが、ちょっと待ってください。健康に過ごせる家、というのは条件に入っていますか? どんなに見た目や間取りがよくても、結露やカビが発生したり、部屋と廊下、あるいは部屋によって温度差があったりするようでは健康にも影響大。毎日の暮らしから笑顔も消えてしまいます。

 アルファ企画の住宅は、次世代省エネ基準を大幅にクリアしているエコ住宅。加えて、回帰水を使用した結果、シックハウスの原因となる室内のVOC(揮発性有機化合物)値が厚生労働省の提示した指針値を遥かに下回ったことに意を強くし、以後、自社で造る住宅には回帰水の使用を標準仕様にしているのです。施工に際しては、現場監督がアルファ企画の事務所に設置されているVIPから、回帰水をペットボトル(2リットル)に汲んで現場へ持っていくようになっています。2リットルボトルを数十本、時に百本と汲み運ぶ労力は並大抵のものではありません。

 そのかいあって、「子供のぜんそくが治まった」「アトピーが改善された」という、お客様からの嬉しい報告がたくさん。「回帰水を使うと静電気が起きにくいのでホコリもほとんど立たない。それも大きく貢献しているんでしょうね」と、社長の渡邊正明さん。

 家族に病人が出ると、本人はもちろんですが、ドミノ倒し状に負担がかかっていく周囲の家族も大変です。そんなことにならないように、暮らす人たちが健やかで、明るい笑顔の絶えない住宅を提供していきたいというアルファ企画。今後、生水器の取り付けをも標準仕様にすることを検討中ですが、価格や「キッチン回りはすっきり見せたい」などの点でお客様のニーズに合わず、なかなか思うように進まないのが悩みの種だそう


✵新潟市✵  小笠原共恵さん・愛華(まなか)ちゃん

     悩まされていたぜんそくに別れを告げることができました。

 長女の愛華が生後3ヵ月でぜんそくを発症して入院、以後、季節の変わり目と冬には必ず発作が起きるんです。発作が起きると毎日6〜7時間は点滴。吸入も朝・昼・晩と欠かせず、本人も辛くてかわいそうですが、私も愛華にかかりっきりで他の事が何もできなくて。一家の主婦としては大変でした。

 発作予防のためにしなければならないことも多く、ホコリが舞うから掃除機はかけられず、頻繁にぞうきんがけ。そして、ホコリやダニをいっぱい吸っているということで、毎月毎月、家中のカーテンを必ず洗っていました。

 家を建てるにあたっては、展示場やオープンハウス等かなりの数をチェックしました。というのも、ある家に行ったら玄関で愛華が咳とくしゃみが止まらなくなり、中に入ることができなくて。その時ですね、同じような仕様でも業者によって違うんだ、吟味しないと大変なことになる、と思ったのは。

 前の家は結露とカビがひどくて。だから新築にあたっては「結露とカビの出ない家」が絶対条件でしたね。そう言うと、どの業者も「うちは大丈夫!」って。でも、そこで新築した友人宅を見せてもらうと、やっぱり出てたり…。

 アルファさんに決めたのは、なんといっても性能の高さ。なのに低価格だったこと。そして、対応の誠実さ。疑問を投げかけると必ず、しかもすぐに返事をくれるんです。アルファさんで建てた方から、「その対応は建てた後も変わらない」と聞き、信頼できる、と。実際、そのとおりでした。

     毎月洗っていたカーテンの洗濯も不要に

 このリビングは天窓から光が差し込んで、明るくて気持ちのいい空間です。光を通すと、空中にホコリが舞うのが見えるでしょ。でも、この家では見えない。というより、ホコリが少ないんです。静電気が起きないからだそうですが。引っ越して3ヵ月めくらいでしょうか。愛華の発作が出なくなり、病院へ行っても「検査結果ではぜんそくの兆候なし」と言われ、そんなばかな!って(笑)。その分、後でひどい発作が来るんじゃないかと不安に襲われ、予防の意味で薬を頼んでも、「必要なし」。でもほんと、すっかり治まってしまいました。お世話になった吸入器も一度も使わず、しまいっぱなしです。

 あのしんどい日々はなんだったのかと不思議に思う程、今は普通に暮らすことができています。あの日には二度と戻りたくありません。この家は掃除がほんとに楽。今は掃除機もモップがけもOKだし、ホコリが出ないから回数も減りました。カーテンに至っては、引っ越して2年になりますが、一度も洗濯していません(笑)。正直、住宅でこんなに違うとは思っていませんでした。

 そうそう、去年、初めて一家4人で映画を見に行けたんです。今までは愛華と私はお留守番で、主人が息子と一緒というのが、いつものパターン。息子にも寂しい思いをさせていましたが、これからはどこへでも家族そろって遊びに行けるんです。嬉しいですね。


✵新潟市✵  猪俣久美子さん・瑞貴(みずき)くん

     室内の空気が違います。

 去年の11月に越してきましたが、一番感じるのは室内の空気がきれいなこと。スカッとしている、と言ったらいいのでしょうか。家の中で過ごしていると意識することはないんですが、外から帰ってきた時に、よくわかりますね。長男の瑞貴も、友達の家から帰ってくると、同じことを言います。

 瑞貴がもともとぜんそくもちなんですが、羽毛アレルギーだということも判明して。なので、アルファさんを選んだのは、見学した家のデザインがスタイリッシュで気に入ったことに加え、アレルギーの出にくい家という点も大きかったですね。『回帰水』を使っているということは聞いていましたが、正直なところ、回帰水について詳しいことはわかりませんでした。ただ、以前は7種類もの薬を飲んでいた瑞貴が、この家になってからは発作も出ず、今は薬の必要が全くなくなったんです。ありがたいことですね。おかげで、元気に家の外でも中でも(笑)、走り回っています。

 お水については、もともと浄水器を設置しようと決めていて。渡邊さんに相談したところ回帰水がいいというので、Starを付けることにしました。遊びに来た瑞貴や次男の叶瑠(かなる)のお友達が、うちの水はおいしいって言うんです。ジュースをあげようかと言っても、「いや、水がいい」って、Starから勝手に回帰水を汲んで飲んでますよ(笑)。


 

 

 

 

 

 

 

 

  よりよい施工のために職人の人間関係もチェック

創業から14年間、おかげさまで100棟以上の住宅を手がけてきました。

 私がこだわっているのは、施工の確かさ。どんなに有名でも、また性能の高さを謳っている住宅メーカーの家でも、実際に作業しているのはメーカーから請け負っている工務店の職人さんたちです。断熱材の扱い方ひとつをとっても、正しく施工のできる高い技術がなければ、どんなに工法が優れていても、高い性能は得られません。ですから、現場の人たちの体調はどうか、人間関係がスムーズにいっているかという点にも、注意を払っています。どんなに腕がよくても、体調が悪ければ思うような仕事はできません。また、人間関係に問題があると、互いの意思の疎通が円滑にいかずにミスが起きたり、やる気にも影響しますから、これまたいい仕事はできません。

 それでも、人間ですからミスの出ることもあります。その時にお客様と信頼関係が結べていると「ごめんなさい、やり直します」で気持ちよく受け入れてもらえますが、そうでないと、同じミスでもクレームになるのです。

 この信頼関係はとても重要です。お客様とは建てたら終わりではなく、建てた後もお付き合いをさせて頂いています。生活してみて感じたことを教えて頂き、それを次へ生かしていきたいですからね。「すべてに誠実たれ!」を常に心に置いて臨んでいます。おかげで、どのお宅へも気軽に寄せていただけますし、うちで建てた住宅での生活ぶりを見たいという方があった時など、みなさん快く応じてくださるんです。それが喜びであり、誇りでもあります。

【有限会社 アルファ企画】 http://www.office-alpha.jp/

〒950-0134 新潟市江南区曙町1丁目8番3号

TEL:025-381-1606/FAX:025-381-1618E-MAIL: info@alpha-kikaku.jp


 
一覧へ戻る