National_header
 

全国最新情報

 

人生100年時代を健やかに生きる――3L水飲み健康法と『回帰水C1』

人生100年時代を健やかに生きる――3L水飲み健康法と『回帰水C1』


いくつになっても、元気ではつらつとした日々を過ごしたい。

これは世代を超えて全ての人の願いです。

健康のサポーターとして回帰水と回帰水C1が

欠かせないという方が増えています。

そんな愛用者の方々の生の声を

タイセイ(株)林部長のアドバイスと共にお届けします。


加藤 『回帰水C1』(以下、C1)は、発売されて今年で丸5年になります。その間に本当に多くの方々が様々な体験をされており、盛り上がってきたなという感じがしております。今日は、みなさんの貴重な体験をたっぷりと披露してください。C1の生みの親であります林先生に来ていただいておりますので、お互いさらに自信が持てるようなお話をうかがえると期待しています。よろしくお願いします。

本来持っている力を

食で甦らせる。

藤井 『VIP』を付けてひと月後にC1を飲み始めました。飲み始めてまだ5ヵ月ですが、一番嬉しかったのは、足の静脈瘤が目立たなくなってきたことです。以前は、子供からも「お母さんの足、気持ちが悪い」と言われて気になっていました。辛かった階段の上り下りも平気になり、今日も5階まで階段を登って来ました。C1を飲む前は仕事から帰ると疲れてすぐ横になる感じだったのに、今は寝る時間まで横になることもありません。それに、半年前に病院で肺に少し気になるところがあるので再検査しましょうと言われていたんですが、先日の検査で「今のところ問題がないので、もう次の検査の必要はありません」って。私は本当にC1のおかげだと思っています。

C1を飲まれる前にお会いした時は、ちょっとお疲れのご様子でしたが、今はとても生き生きとされていますね。血管の柔軟性を保つように働きかけるのは、C1の大きな特長です。年齢と共に血管の弁膜が十分に働かなくなり、静脈瘤の原因となります。立ち仕事の方はなりやすいですね。それにしても藤井さんの年齢で、しかも半年で血管が健やかになられたとは、開発者として嬉しい限りです。

藤井 静脈瘤歴30年ですよ。それがわずか5ヵ月で…。

人が本来持っている力が、食べるもので甦るというのは、すごいこと。素晴らしいですね。

後藤 姉夫婦が糖尿病がひどく、私も高脂血症で中性脂肪が1000(mg /dl)以上ありましたので、姉夫婦にC1を勧め私も一緒に2016年の12月末から飲み始めました。そうしましたら徐々に数値が下がってきて、今年1月の検査の時には200まで下がったので、医師が「もう薬は半分にしましょう」と。姉も、糖尿病が原因の神経障害の末期症状で歩けないぐらいだったのですが、今ではつたい歩きが出来るようになりました。姉は糖尿病との関係は分かりませんが、身体がかゆくてステロイド剤入りの薬を飲んでいたのですが、その量が大幅に減ったそうです。顔のむくみもひいて、病気を発症する前の顔になりました。義兄はヘモグロビンA1cが下がってきて、薬はもう飲まなくてもいいかなというぐらいなんだそうです。1年半位でいい結果が出て、私もすごく喜んでいます。

後藤さんご自身が高脂血症ですか?スリムでまったくそうは見えませんね。中性脂肪の正常値は150以下で、200位はやや高めですが、1000もあったら疲れやすく動くのも大変です。1000から下がるのはなかなか難しいですよ。お姉さんは、重度の糖尿病なんですね。糖尿病は合併症が問題で神経障害、網膜障害などを引き起こすんです。皮膚の血管が詰まったりすると皮膚にも影響が出て壊疽を起こします。C1にはビタミンB1、B2、B6が入っていますが、これらのビタミンは糖の代謝にもかかわっています。これも、大きなポイントだったんじゃないかなと思いますね。

若い頃の出会いがラッキー。

加藤 松田さんは今日のメンバーの中で一番若い方。まだ、20代半ばです。

松田 C1は、飲んだ瞬間に頭が軽くなる感じがします。今でも飲む度に、そう感じています。毎日50 mL飲んでいますが、どんなに頭が痛い時でも飲むと治っちゃうんです。私は中学校の時から生理痛がひどく、夏でも寒くてヒーターの前に居るぐらいです。貧血と吐き気があり、鎮痛剤を飲んでもまったく効きませんでした。『回帰水』を飲むようになり少し良くなってきたんですが、C1を飲み始めたら症状がまったく出ないんです。飲まないと出る。それでこれはすごいと思って毎日、多い日は朝晩飲んでいます。

典型的な冷え性ですね。C1を飲むと軽く感じるのは、血液が全身に廻るから。頭痛の予防は、血行促進と血管を柔軟にすることがポイントです。C1の中には海岸松の樹皮エキスが入っていますが、このエキスは生理痛やPМS症候群(月経前症候群)に良い食品として注目されているんですよ。また同じくC1に含まれる食物成分は、冷えに有効とされています。松田さんはお子さんもこれからですね。冷えは妊娠にも子どもの成長にも影響します。まだ若いうちに健康を取り戻せて良かったですね。将来の家庭の幸せも一緒に描けますから。C1には、まさに出会うべき時に出会われたのだと思います。

加藤 よいお母さんになれますね。

子どもに一番影響があるのはお母さんです。食事に関しても、健康に関しても。

回帰水とC1の相乗効果で。

鈴木 私も昔から冷え性で、ずっと靴下を履いて寝ていたくらいです。それがC1を飲み始めてからは、靴下を履かなくて済むようになりました。また、5年前から膠原病の一種の限局型強皮症を患っています。最初は顔がすごく痒くなって…膠原病で入退院を繰り返している友人がいたので「もしかしたら」と病院へ行ったら、やっぱり膠原病でした。C1を飲み始めて丸2年ですが、いつのまにか顔の痒みが気にならなくなって。今日、ここに来るということで数値を調べてみたら下がっていたので、心配することはないのかなと。ですからC1は、もう毎日欠かさず飲んでいます。回帰水も、もちろん毎日3L。最近では皆さんから、「元気だね」とよく言われます。C1と回帰水のおかげでここまで来ることが出来ました。

膠原病は、20~40代の女性に多い免疫が正常に働かなくなる病気です。特に体力のないときに起こりやすく、おそらく冷え性という体質も関係していると思います。基本的に体力温存と対処療法しかない病気なのですが、食べ物飲み物でここまで改善出来るのは珍しいのではないでしょうか。C1と回帰水の相乗効果も大きいと思います。しっかり水を飲んだうえでC1を飲むことで、効果が出やすかったのかなと。夏風邪、ストレスに一番弱い病気でもあります。これからも、気を付けてください。

「しなやかな血管、豊かな血流、

C1ありがとう」

前澤 2年前に静岡空港で気が遠くなって耳が聞こえないような状態になり、鼻血は出るわ、歯ぐきからも血が出るわで、これで死んじゃうのかなと思うような出来事がありました。その時友人が「これを飲むといいよ」ってC1を勧めてくれたんです。友人が言う通り、C1を飲み始めてから3日目には鼻血が止まり始め、今では出ていません。あの時、C1を飲んでいなかったら、脳の血管が切れてたかも。恐ろしいことになっていたかもしれません。以前は他にも、胃もたれや、手先が冷たい、冷え性などの悩みがありました。特に体温が35度8分しかありませんでした。それも、C1を飲んでいくうちに、1ヵ月過ぎ、2ヵ月過ぎ、3ヵ月過ぎ、だんだん指先が温かいと感じるようになり、今は体温も36度5分に上がっています。胃もたれもなく脳も冴えてきて、なんといっても毎日熟睡できることが嬉しいです。

鼻血は、血圧が高いか粘膜が弱いか、血管がもろくなることによって出血します。血流がスムーズになったことで血圧も安定して、局部に負担がかからなくなり治まったのではないでしょうか。以前は胃もたれも感じていたそうですが、胃腸の働きが弱いと栄養も入りにくいし、体力もつかない。当然、身体も温まらない。逆に、胃腸が元気になってくれば栄養の吸収が良くなり身体全体が整います。おなかが温まると全身も温まる。C1に含まれる食物成分が、これを助けたのかなと思います。体温が上がったのは、とてもいいことですね。体温が上がると免疫力もアップし、何でもやろうという意欲がわいてきます。特に冷えが気になる時は、C1をお湯で割って、朝にお茶と同じように飲んでみてください。ゆっくりと温かいものを飲むと、基礎体温も上がり新陳代謝も活発になってきます。お試しください。

前澤 試してみます。私の老化した毛細血管を元気にしてくれたC1に、感謝の気持ちでいっぱいです。「しなやかな血管、豊かな血流、C1ありがとう」ですね。

加藤 この中で一番長く使っていらっしゃる阪本さんは、いかがですか?

阪本 10年以上前に回帰水を教えていただきました。手荒れ、冷え性、低血糖などいろいろな問題を抱えておりましたが、おかげさまで回帰水を3Lずつ飲んでいくと、それが気にならなくなりました。睡眠中、息が止まる無呼吸症候群にも悩んでいましたが、回帰水を飲み始めてそれも消えたんです。それで喜んでおりましたら、C1が発売されたのと同じ年の6月頃、今度は熱中症になりました。仕事をしていても、少ししたらしんどくなって横になってハアハア。苦しくて水も、食べ物も喉を通らなくなって、これで息が止まってしまうのかなと不安でした。それからまもなくC1が発売されましたので飲み始めたら、その症状が消えてしまったんです。飲み始めた翌日には、横にならなくても元気に動けるようになりました。これはすごい、命拾いしたんだなと思いました。

熱中症というよりも熱疲労だと思いますが、だるさばかりでなく自律神経失調症を起こしたり、めまいを起こしたり、そうした症状がずっと治らない人もいらっしゃいます。熱疲労で神経がやられると、時差ボケのような症状がなかなか取れないんですよ。阪本さんは、C1を飲む前から回帰水をずっと飲み続けていらっしゃったので、それもあって回復が早かったのだと思います。私たちは、年齢と共に体温の調整能力が弱くなっていきます。女性は特に、その傾向があります。気温に対する感受性も低くなっていきますので、50代くらいからは要注意ですね。ですから、C1や『回帰水のアラン』などで栄養を与え、感受性を高めることが非常に大事です。水もそうですね。水を飲むと味覚が鋭くなってくるでしょう? 同じように熱に対しても感受性が高めることが大切。それが若さの秘訣のひとつです。回帰水もC1も、今日飲んで明日良くなるというものではありません。10年後、20年後、30年後の健康や若さを保つために飲むというつもりで、長く飲んでいただくことが大切です。続けることで変わっていく、だから継続が何より大事なんですね。

加藤 昨今、熱中症が増えてきています。本日は必要な栄養素を取り入れ、肉体の感受性を高めるという、とても大事なポイントを教えていただきました。これからますます超高齢化が進んでいきます。そんな時代だからこそ、水飲み健康法とC1を通して元気はつらつ。美と健康を追求しながら、ハッピーに過ごして行きましょう。

 

 


※ご紹介いたしました体験は、あくまでも記載されたご本人の実体験に基づいたもので、「万人に当てはまる」と言い切れるものではございません。

 
一覧へ戻る