National_header
 

全国最新情報

 

Healthy Talk  回帰水のヘルスケア商品体験談

 

 

 

私をサポートしてくれる、

私のお気に入り。


『回帰水』をベースにしたヘルスケア商品には、

「助けられた」、「健康度が高まった」など

様々な体験や喜びの声が寄せられています。

超高齢化社会を迎え、

関心が高まっている健康長寿のためにも、

そんな体験がお役に立てばと思います。

 


高坂 現代はバランスよく栄養を摂ることが難しい時代ですが、皆さん回帰水をベースに、それぞれにセルフケアをなさっていると思います。まずは、回帰水のファイコミンDHA+(ファイコミン)と回帰水のガイアEX(ガイア)をご愛用の原さんから、どういったことで飲み始めて今どのような健康状態かお聞かせください。

今、私は77歳、主人は80歳。とても元気で、行きたいところへ行き、やりたいことができています。これも回帰水のおかげです。回帰水に出会う前も自分では健康と思っていたのですが、出会ったことで真の意味での健康ではなかったことに気が付いたんです。それでナチュリターンVIPをすぐに取り付けて今日まで。

回帰水に出会ってますます元気になった私たちですが、これからもずっと健康でいたい。お世話はしてもいいけど、なるべくされずに生活していきたいと考えたとき、それには今の食生活では絶対に栄養が足りていないと思いましたので、健康食品をすべてタイセイのものに変えてファイコミンとガイアを摂り始めました。特にたんぱく質は、年齢的にもこれからが心配ですから。今は、主人と回帰水C1(C1)に凝っています。主人が具合悪くなったら自分も出かけられませんから、主人も大切にしていますよ。(一同笑い)

高坂 元スイミングスクールのコーチだそうですね?

今でも週に1回、2キロほど泳いでいます。プールまでは自分の車で行きますが、泳いだ後も心地よく運転して帰ってきて回帰水をいただいています。

高坂 お肌も若く、健康そのもの。ファイコミンは発売当初からだそうですから、まさに継続は力なりですね。

板東さんもファイコミンとガイアを長くご愛用でしたね。

板東 回帰水は9年前からで、ファイコミンとガイア、回帰水のぷりんぷりん(ぷりんぷりん)は平成15年の2月から定期購入するようになりました。私は、59歳のときに寝たきり予防にトレーニングを始めたんです。ずっとトレーニングだけやっていればいいと思っていたんですが、GP本部で林先生のお話を聞き勉強させていただくうちに「年齢とともに代謝や吸収が悪くなる」「昨今の食材には栄養価が少ない」「筋肉量を増やすといっても運動だけではだめだ」ということに気が付きました。それ以来、ファイコミン、ガイア、ぷりんぷりんは欠かさないようにしています。

人間には実年齢、見た目年齢、精神年齢…とあるわけですけど、やはり年齢よりは若く見られたいのが本音。それと自助努力ではないですが寝たきり予防。こういう食品に巡り合えて、感謝すると同時に続けていきたいなと思っています。

原さんも板東さんも、いつも若々しいですね。原さんが喜寿と聞くとビックリしますが、見た目がお若いしフットワークが軽い、頭もシャープ。現代人に要求される三拍子をすべてクリアしていますよ。板東さんは健康食品に明るくて、まさにおっしゃるとおりです。通常の食事で足りないものを補うことが大切。たんぱく質は、肉や骨を作る。ビタミンは潤滑油です。日常の食事だけではどんなものを食べても足りません。継続して摂るという、目に見えない努力を通じての根本的な体の土台作り

は、将来への投資です。


高坂 佐々木さんは、大好きな海外旅行先でアクシデントがあって、その時にぷりんぷりんで素晴らしい結果を出されたということですが?

佐々木 とにかく「見たい、行きたい、知りたい」という気持ちが強いんです。先日も13日間のポルトガルツアーに行ったのですが、初日に階段で5段ほど足を踏み外してしまって。その時はなんとか立ち上がることができたんですが、だんだん痛みが増してきて一人では立てないほどになりました。添乗員さんに言っても病院に連れて行ってもらえなかったので、同行の皆さんから痛み止めをいただいてなんとかしのいでいました。観光が出来ず、ホテルの部屋やバスの中などにじっとしていなければならなかったのが本当に残念でした。幸いなことにぷりんぷりんと回帰水のアラン(アラン)とガイアを持っていましたので、それを摂り続けて。特にぷりんぷりんは、朝昼晩と1日6粒ずつ摂っていました。

帰国してすぐに病院に行きましたところ、骨盤の内側、恥骨の横の骨など3ヵ所が折れているとのことで、よくこれで帰ってこられましたねと言われました。治るのにはそれから1ヵ月位かかりました。

高坂 快復されて、本当によかったです。寺田さんも、同じく骨折して大変な思いをされたそうですね。

寺田 私はずっと元気印だったんです。家の中で骨折するなんて話を聞いても、「信じられないわ、私は大丈夫」と思っていたんですが、転んで骨折しまして。第一腰椎破裂骨折と、交通事故にあったようなものですよと病院の先生に言われました。それから入院して、2週間は寝返りも打てずに寝たっきりでした。

骨折してすぐに和田久美子MECに電話をしたら、ぷりんぷりんとゴールド21(ゴールド)がいいわよと言うことで、さっそく病院に持ってきてもらいました。ぷりんぷりんは、朝昼晩と1日18粒を退院するまで毎日摂りました。ゴールドは1日1本、もちろん回帰水も飲みました。娘には、「そんなお水で治るわけないわよ」と馬鹿にされたんですけど、私は信じて飲み続けました。始めはコルセットが取れるまで6ヵ月位かかると言われました。それが4ヵ月程で取れましたので、やはり信じて良かったなと思っています。一時は介護4になりましたが、すっかり良くなって、骨折から2年経った今では以前と同じようにさっさと歩けます。

高坂 よかったですね。寺田さん、歩くのが早いですものね。

佐々木さんも寺田さんも、治りが早いですね。まず佐々木さん、1ヵ月で骨が融合したんですか。基本的に骨盤や尾てい骨の骨折は治りにくいんですよ。普通は3ヵ月はかかると思います。また、寺田さんが骨折された腰椎は神経が出ているところですから1回損傷すると治りにくいんです。何年も歩けず寝たきりになることもあります。破裂骨折で2年でここまで快復されるのは、非常に速い。お二人とも、ぷりんぷりんを継続されたことは大正解でしたね。普段より多く摂られたことも正解でした。ぷりんぷりんには、お肌にコラーゲンを補って元気を与える成分や軟骨がすり減ったのを修復する成分、ケガや骨折をした後に新しい肉を作るための細胞を活性化する成分が配合されています。根本的に保水力が高まることで細胞も活性化します。体を修復するのは、最終的にたんぱく質です。融合して早くくっつくのは、とても大事なことです。お二人とも、これからもぜひ続けてください。


高坂 永野さんは予防のために免疫を高めていこうということで回帰水のガンマン(ガンマン)を飲まれているそうですね。

永野 昔から風邪をひきやすいんです。まだタミフルがない時代に39度3分の熱が3日間続いたこともあります。そういう経験を何度もしていました。回帰水に出会ったのは50歳を過ぎてから。回帰水を飲むだけでも風邪をひく回数は少なくなったんですけど、最近は、ちょっと風邪を引きそうだなと思った夜は、ガンマンにお湯を加えて飲むようにしています。そうすると、次の日には平気なんですよ。熱も出ませんし普通に過ごせます。病気になると辛いので、ちょっとしたことで快復できるのは凄いなと。だから、夜はガンマン、朝はアランを飲んで体調を整える。発売以来ずっと、そういう時に飲んでいます。

風邪を引きやすい人は、やはり免疫力が低下しています。粘膜のバリア機能が低下すると免疫も低下しますので、免疫力を強化していく、体力をつけていくという意味では、ガンマンは非常にいいと思います。

永野 ガンマンはそのままでは強く感じるんですが、お湯で割るとおいしいんですよ。

そうかもしれませんね。それにぬるま湯で割ると、粘液やだ液が出やすくなって代謝が上がります。基礎体温も上がります。夜寝る前もいいのですが、朝、基礎体温が低い時にお茶のようにゆっくり飲んでいただくのもおすすめです。風邪をひきそうな時だけじゃなく風邪を引かないための体作りとして、続けて飲んでいただいた方がいいかと思います。


高坂 ご本人ではなくご主人が大変な目に合われたというのが、杉浦さんです。ゴールドとアランを愛用されているそうですが?

杉浦 私が回帰水に出会ったのは14年前ですが、その1年後に主人が脳梗塞で倒れたんです。その頃、主人の血圧は上が300で下が180ぐらい。水飲み健康法をすすめたんですが、夜トイレに何度も起きるから嫌だと。心配していたんですが、やはり倒れてしまいました。

倒れた時は、顔面麻痺で手も足も完全に動かなくて、1ヵ月間はそのまま。1ヵ月後からリハビリが始まり、どうなることかと思いましたが、主治医に「水を飲ませてもいいか」と聞いたら構わないと。本人も飲むということでしたのでゴールドと回帰水を飲ませたら、翌日には普通に話せるようになって、2週間後には退院しました。それからもひと月ほどゴールドと回帰水を飲み続けていたら血圧が90-60ぐらいに下がってきたので、最終的に一番弱い降圧剤とゴールドだけにしました。

水をたくさん飲んで尿として出すことで、自然に血圧が下がってきたんでしょう。脳梗塞などには、水は非常に大事です。

杉浦 主人は今でも毎朝、アランと回帰水のサラダ青汁2袋、自然回帰水+水素(水素水)を必ず飲みます。

杉浦さんのご主人は、ドライブがお好きだそうですね。500〜1000キロ運転されることもあるとか?

杉浦 長距離ドライブの時は、水素水とゴールドとアランを必ず飲ませています。ゴールドとアランは1日2回、ファイコミンは3粒。

体全体の細胞に元気を与えるのと併せて、スタミナ補給。ゴールドとアランの組み合わせは、ドライブする時や高齢者にはぴったりです。それにアランはゴールドをベースに作っていますので、吸収がとても早いんです。その点もドライブにはうってつけですね。

高坂 同じくアランを愛用されている中込さんは、回帰水がご縁でご主人と知り合ったそうです。今はお子さんが3人。どんな風にアランを生活に取り入れていらっしゃいますか?

中込 子供の頃から肩こり性で、ランドセルで肩が凝って母にもんでもらっていたほどなんです。今思うと代謝が悪く、冷え性でもありました。体温が低く、36度5分位でも熱っぽいというか、具合が悪くてしかたがないぐらいだったんです。それで回帰水をすすめられて、VIPを取り付けたのが10年ぐらい前になりますね。
その後、妊娠したのですが疲れがひどかったので何かいい栄養ドリンクはないかということで、アランを飲み始めました。試しに1本の半分位から飲んでみたところ、気になっていた冷えや疲れ、頭痛が気づかないうちに通り過ぎてしまう感じ。そうした体験が多くあって、アランは自分に合っているのだと分かりました。妊娠中は薬は心配なので、ベースが回帰水で安心して飲めるアランは有難かったです。
安全とは言っても生薬の入っているものは、基本的に妊娠中のご利用はおすすめしていませんが、中込さんの場合は自己判断で飲んでいただいて、結果的にお役に立てて何よりです。
タイセイのヘルスケア商品は誰でも安心して飲んでいただけるように作っていますが、万が一、何か他の理由で体調が悪くなった場合でも、すべてを配合成分のせいにされてしまうことがあります。ですから、妊娠中など通常の体調ではない時は、ご自分で判断していただくことにしています。まずは半分の量から始められたことも良かったですね。

高坂 して最後にもうお一人、とにかくアランの大ファンとおっしゃるのが嘉悦さんです。
嘉悦 高校入試直前に結核にかかったことがあるんですが、おかげさまで最近は元気です。今、78歳ですが…
一同 若い!
嘉悦 ありがとうございます。一昨年は大腸の調子がおかしくなったり、今は白斑もありますが、運動もしてますし、基本的に歩くのが好き。これもアランと回帰水のおかげだと思っています。とにかくアランが大好き。1日1本のペースで飲んでいますが、家にアランが並んでいないとそわそわするぐらいなんです。
若い頃、結核になったそうですが、結核菌そのものは弱い菌ですので、結核にかかるのは免疫低下が主な原因です。薬による治療法がなかった時代は「にかわ」というコラーゲン、いわゆるゼラチン質ですね、それを食べさせていました。コラーゲンを食べて免疫力がアップすれば、結核が治るということです。結核は今でもありますし再発もしやすいので、やせすぎで疲れやすいような人は注意してください。嘉悦さんは、去年初めてお会いした時に、非常に冷え性で寒いとおっしゃっていましたね。
嘉悦 その時は、C1も飲んでC1とアランのおかげで元気になりました。娘たちも、「ずっと元気でいてね」とアランを飲んでいる私を経済的にも応援してくれています。今が幸せ。今のままずっといられるように、「アランちゃん」を飲み続けたいです。
高坂 皆さんのお話を伺っていますと、まさに継続は力だなと再認識しますね。まさかの坂があるのが人生。タイセイのヘルスケア商品が、何かの時の強い味方になれると幸いです。そのためにも、自分に合ったものを毎日の生活に上手に取り入れて、ますます若く元気に美しく。皆さんの20年30年後が楽しみになってきました。


 
一覧へ戻る