News_header
 

イベント情報

2017年グリープラネット25周年大会inHawaii
2018/04/23

 

 

2017年9月25日、グリーンプラネット25周年記念大会がハワイ(ホノルル)の「シェラトン・ワイキキ・ホテル」にて開催されました。

約100名の参加者は前日の24日にホノルルに到着。大会に先立って、ロイヤル・ハワイアン・ホテル内の「オーシャン・ローン」にてウェルカムパーティーが開かれ、一同期待に胸を膨らませながら楽しいひとときを過ごしました。

25周年記念大会はシェラトン・ワイキキ・ホテルのバンケットルームにて、大倉貴生幹事長の司会でスタート。日髙英光理事長のユーモアあふれる挨拶に続き、タイセイ株式会社耳塚信夫会長、耳塚仁美社長からの祝賀メッセージ。3人の新資格認定者の認定式、活動体験のスピーチと続き、加藤由美副理事長の閉会挨拶で締めくくられました。参加者にはホテル到着時にお揃いのアロハシャツが、記念大会終了後に「緑のわくせい通信」の全データが入ったUSBメモリーがプレゼントされ、またとない記念品となりました。

9月24日Welcom Party

ロイヤル・ハワイアン・ホテル内のオーシャン・ローンにて

 

9月26日 Golf Competition

第16回海外ゴルフコンペ耳塚杯

コーラルクリークゴルフコースにて

 

9月27日 Farewell Party

ザ・プラザクラブにて


自由行動ではハワイを堪能!


9月25日GP25周年大会in Hawaii

ーーー25周年おめでとうございます。ーーー


タイセイ株式会社
取締役会長 耳塚信夫

一丸となって前へ

25周年おめでとうございます。25年間を振り返って、相応しいプレゼントは何かな、と考えた時、「銀座」という場所が思い浮かびました。「新しき酒は新しき革袋に盛れ」という言葉もあります。日本一、世界一の銀座にサロンであり、ショールームでもあるスペースを用意する。こ

のことこそ、新体制となり25周年を迎えたグリーンプラネットへの最良のプレゼントになるであろうと。世界一の『回帰水』に恥ずかしくないよう、この「回帰水銀座サロン」は思い切って贅沢に仕上げました。完成のあかつきには、ぜひたくさんの方にお越しいただきたいと思います。

新体制になった時、最初の勢いは何よりも大切です。25周年をハワイで迎えられる勢い、しかもこれが3回目なんですね。すごいエネルギーだと思います。ネットワークビジネスで25年間も維持していくことは難しい。ましてやGPは任意団体。

愛用者の集まりとして、これだけの勢いで活躍しているのは世界でも類を見ません。企業が金儲けのために、ああだこうだとやっていることとはまったく違います。世界一の水、その愛用者の団体を愛用者である皆さんが守っているのです。これは誇りにして、誰に対しても自信を持って

話していただきたいと思います。そのためにタイセイ株式会社は、あらゆる応援を惜しみません。共に前へ進みましょう。



タイセイ株式会社代表取締役社長
耳塚仁美

美しい地球を次世代へ

今日、ここで日高理事長はじめ皆様方の熱い想いに触れて、私はこれからの新しい時代もグリーンプラネットと共に歩みたい、共に楽しく歩んでいきたいという想いを改めて強く抱きました。今までご縁をいただいた、たくさんの方々の夢の達成と心からの笑顔と三つの健康のために、タイセイ株式会社は常に進化していこうと考えています。

タイセイはGPより一足先に、来年30周年を迎えます。これを機にブランドのコンセプトを明確に伝えるために新しいシンボルマークを作りました。「地球に愛を」この言葉は私が今の仕事に携わるようになって大切にしてきた言葉です。新しいマークは美しい地球を次世代へ伝え

ていく『回帰水』からのメッセージとして、一滴のしずくで万物の源である水を表現しました。

雲から山へ、山から川へ、川から海へ、そして空へと、地球の水はリレーされていきます。その中で人間は何をすべきなのでしょう……私達の出した答えの一つが自然回帰水です。水は私達のいのち。その水を守り、かけがいのない地球を次世代へ繋げていきたい。自然の恵みのリレーバトンをあなたにも受け取って欲しい。この想いを、「地球に愛を」のメッセージと共に、一人でも多くの方に伝えていきたいと思っています。



日髙英光理事長

アロハ!! 記念すべき日の今日、ここにはたくさんのグリーンプラネット有志の方々が集い、ハワイの大気と同じように爽やかな空気に満ちた素晴らしい雰囲気です。

世界一の水『回帰水』。この水が一体、いつ、何で出来たのだろうかというと、タイセイ株式会社耳塚会長の昔からの想い……世界中の子ども達に、安心・安全な美味しい水を飲ませたいという想い……ここから生まれています。GPもそうです。皆を良くしたいという堀口会長はじめ理事の方々の想いがGPを作りました。そしてここにいる皆さんの想いが、皆さんのグループを作っています。想いという形のないものがあるものを作っていくのです。

11月からは、皆さんが待ちに待った銀座というロケーションに新しい本部がオープンします。最高の環境が整いました。私は銀座という環境は、例えれば最高の車に乗っているようなことだと思っています。私達は最高の車に乗って目的地に向かおうとしている。ですが、車にはガソリンが必要です。このガソリンこそ、皆さんの想いなんです。銀座の本部という素晴らしい車も、皆さんからのエネルギーがなかったら動きません。動かないんだったら最高の車である意味がありません。そのことを、どうぞ一人ひとりが心に銘じて、想いというエネルギーを出してください。それが、これからのGPの第一の目標になると私は確信しています。私自身も出来る限りの想いを持って、エネルギッシュに進んでいくつもりです。

私は加藤副理事長と共に、全国各地を回ろうと考えています。ただ皆さんに分かっていただきたいのは、単に私達が出向いたからといって、それだけで盛り上りはしないということです。皆さんが自主的に何かを企画して私達を呼んでくださること。そしてもう一つ、それを継続していくこと。この自主性と継続性がなかったら、絶対にGPは伸びていきません。GPの明日はあなた自身にあるのです。

皆さん!GPにはすべてが揃っています。あとは皆さんの「想い」だけです。想いというエネルギーを貸してください。それを背景に、次なる30周年に向けて一丸となって、新しいスタートを切っていきましょう。


25周年大会スピーチ者

新認定者

 

 

 

一覧へ戻る