News_header
 

イベント情報

第7回 吉水信裕 新緑会脳神経外科副院長
2008/07/31

「私」はどこにいる —記憶の仕組みと認知症—

将来は5人に1人はかかるといわれている認知症。加齢による物忘れとの違い、認知症の種類と相違点、認知症と間違えやすい他の疾患について説明があり、どの疾患か正しく把握することが重要と語られました。また、アルツハイマー症の患者が家族に発症した場合についてのマネジメント—薬物療法と非薬物療法とがあること、家族など介護の対応—についてもお話しいただきました。「おかしいと思ったらまずは検査をうけてみること」、予防には「手や脳の動きをやめない—趣味をもったり、好奇心をもって新たなことに挑戦する—ことが有効」との吉水先生の言葉に、一同みな真剣に聞き入っていました。

吉水信裕先生 新緑会脳神経外科副院長

一覧へ戻る