Healthy Talk in 北海道『回帰水C1』を語る

心身共に若々しく、美しく。

必要な栄養素をバランスよく配合した

『回帰水C1』があなたの毎日をサポートします。

 

 

 

梅雨もなく、酷暑とも無縁……涼しくさわやかなイメージの北海道ですが、ここ数年はそれどころではなく、何とこの会の開かれた5月26日は全国一の暑さを記録。そんな暑さをものともせず集まってくださったみなさんは、本当に前向きで、アクティブに人生を謳歌していらっしゃいます。どうやらその秘訣が『回帰水C1』。笑い声の途絶えない明るい会場から、みなさんの体験をお伝えします。

 

 

 

加藤 本日はようこそお越しくださいました。今回、『回帰水C1』(以下、C1)をご愛用のみなさんにお集まりいただいたのですが「あなたにとってのC1は?」といったことをおうかがいしたいと思います。昨今の健康に関する様々な情報を見ていますと、血管から老いるとか、血管の若さとか、血管がよく出てくるようになりました。じゃあ、血管の健康って一体何なんだろうと。そしてみなさんの飲んでいるC1は、私達の体にどんな影響を与えているんだろうかということを、共に考えていきたいと思います。タイセイ(株)の林部長にもご参加いただいているので、今日は色々教えていただけると思います。

 

病気の原因の多くは血管にあります。血管は全身に栄養や酸素を運ぶ重要な臓器。ですから人間は血管と共に老いるといっても過言ではないのです。その人の本当の年齢は誕生日が何回かよりも血管の柔軟性にあるんですね。C1は血管の柔軟性を保ち、全身の健康をサポートするように作られています。実際はどうなのか、今日はぜひみなさんの色々な体験を聞かせていただきたいと思います。

 

「前より元気、前よりキレイ」

 

小木 私が『回帰水』と出会ったのは平成12年で、元々健康には自信があって回帰水さえ飲んでいれば大丈夫とずっと思ってたんです。ですからC1に対しても、飲まなきゃならないという意識も無くて、飲んだり飲まなかったり。でも飲んでいるとグッと眠れてパッと起きられる、寝覚めがいいというのは感じたんです。それはずっと続いてるんですけれど、最近ではすごさというか有難さを感じて手放せなくなっています。それは私、好きなことがたくさんあって夜おそくまで無理をしちゃうんですね。でもどんなに無理をしていても、疲れて朝起きられないということが無いんですよ。出勤時もいつもギリギリで家からバス停まで走るんですけれど、今までは走っても途中で止まって「はぁ~」。それが気が付いたらずっと走れている! 何でこんなに長く走れるの?っていうぐらい……。今までとの違いを一番感じたのはそれです。マラソンでも出来るんじゃないかと……。心肺機能が高まったというか、そんな感じがすごくします。

 

小木さんはいつも元気でエネルギーが溢れて若々しいですよね。それはよく寝られるから。寝る子は育つじゃないけど、寝ることによる体力の回復というのは大事なんです。高齢者の場合、起きているよりも仕事よりも寝ることが疲れるという人が多いんですよ。何故かというと熟睡出来ないため体が修復出来ず、全身のリズムが崩れてしまうからです。

 

松波 動脈瘤の手術をしました。まさに血管そのものの病気ですね。50代の末ぐらいに血管年齢を測ったら80代と出たんですよ。私全然元気だったし、測定の機械が壊れているとしか思わなかったんです。まったく無視してたんですね。でも一緒に行った人は年齢が60代でキッチリ60代の血管年齢だったんで、ちょっとあれっ? 結果的には大動脈瘤が見つかって……入院中、小木さんが毎日お見舞いに来てくれたんですよ。最初は回帰水だったんですが、退院してから「C1を飲んでみない?」と言ってくれて、それで資料を見たら血管を丈夫にするというようなことが書いてあったので、これはちょっといただいてみようかなと思ったんです。実は私、ずっとウィッグを被ってたんですよ、こういうのをね。ところがC1を1ヵ月間飲んだ時に、あらっ、髪の毛がしっかりしてきたわ、という気がしてきたんです。変化というのは、一番先はそれだったんです。髪の毛が立ってきた、しっかりしてきたと思ったんです。(ウィッグを手に取り)以前は、これを使わなかったらダメだったんですよ。それが今は……(会場内、無い方が若い!)。1ヵ月目で髪に変化が感じられて、同じことが血管にも起きているんじゃないかと……髪の毛と違って、血管や細胞は見えないけれど、もしかしたら血管の中にもいい影響があるんじゃないかと思っています。

 

その通り。毛細血管が何故大切かというと、体の隅々までに栄養や酸素を運んでいるからです。年を取ってくると、まず髪の毛が細くなって元気が無くなる、艶が無くなる、栄養や酸素が行き渡らないからなんです。しっかり栄養が行き渡れば、お肌も髪の毛も元気になってくるし、内臓も強くなってきます。先程おっしゃった血管年齢なんですが、血管の柔軟性というのはとても大切なことなんですよ。

 

 

「難しい血糖コントロールも無理なく」

 

富塚 C1に関しては恥ずかしいんですけど、発売当初から購入していて、でもまじめに飲んでいなかったんです。段々とたまってきて「一体これどうすればいいんだろう」と思っていました。ところが3年前に脳梗塞になりまして、その時、まっ先に気付いてくれたのがセミナーにいらしていた林先生なんですね。それから林先生や大西さんに色々指導していただき、今はC1は毎日朝晩、ちょっと調子が悪い時は昼にも……それを続けていたらたまっていたのがすっかり無くなっちゃって。元々血糖値が高かったので、この間糖尿病の検査をしてもらったら、ドクターが「本当に糖尿病だったっけ?」と言うから「今いくつあるんですか?」と聞いたらヘモグロビンA1cが7.4。すごい下がりました。一番高い時は9.0です。8.4が一番長かったです。血圧も今は138の70ぐらい、毎朝測ってます。体重も毎日測ってます。76キロあったんですけど、タイセイの商品を色々取り入れて、今は61キロです。そしたら言われました。痩せたら明るい服を着るようになった。顔も明るくなったって。昔のものを出してみたら本当に黒ばっかり着てたんですよ。

 

糖尿病というのは、そもそも血管の病気なんです。高血圧を併発するのも典型的な症状ですし、脳梗塞や心筋梗塞にもかかりやすい。でもここまで数値が下がって痩せられて、どんどん若々しくなって。今日はサーモンピンクで……素敵ですね。

 

大西 私が一番初めに糖尿病と分かったのは34歳の時なんです。その時初めて内科の先生に言われたのが、これは血液の病気ですよと。すごく衝撃的だったんです。血液の病気は白血病だけと思っていたので。えっ糖尿病も、って。それから回帰水に出会って平成12年に自宅に導入。以前は色々ありました。慢性膵炎もやってたから大変でした。それが回帰水に出会ってからは少しずつ元気になって、薄紙を剝がすような感じで……。C1は発売と同時に、講演会か何かで1杯いただいたんですよ。そうしたら胸がどきどきしてしまって大変だったんです、少しずつ徐々に慣れていきましたけれど、一体何に効くんだろうという感じ。一番初めに気付いたのは美容師さんなんです。飲み始めて3ヵ月目位の頃「大西さん何かやった? 髪の毛が違うよ。何か飲んでるか付けてるか、シャンプー変えた?」って言われて。それでそう言われればいいものを飲んでいるわと、それがC1だったんですね。爪とか、髪に効果が出てくるは3ヵ月ぐらいだそうです。回帰水を飲んで、『回帰水のアラン』を飲んで、C1を飲んで……その積み重ねですね。最近一番驚いたのは、ちょっと指をケガして腱を切っちゃったんです。その時に骨密度を測ったらすごく若かったんです。同じ年齢の人の125%、背骨がね。骨盤が100ちょっとかな。糖尿病も発病してから36年ですが三大合併症とも縁がなく、腎臓の検査をやっても全く正常値。腎臓内科の先生が診て「健康な人より健康だね」って。眼科でも初めの頃にかかった先生に診ていただいたんですけれど「大西さん、今どうなってるの?」「先生に以前診ていただいた時と同じです」と言ったら「すごいね、それ」って。色々な先生方にほめられて、回帰水やC1、アランなどのお陰かなと改めて感謝しています。

 

今おっしゃったように糖尿病の患者さんは眼、腎臓、血管のどれかに問題が出てくるんですが、36年間何も無いというのはすごいですよ。

 

大西 主治医は何て言ったと思います?「大西さんは合併症に強い体なんですね」って。

 

加藤 強いとか弱いとかの問題じゃないと思います。大西さんの言葉の中でこれかなと思ったのは「積み重ねをしてきた結果」ということですね。

 

もう一つは素直さですね。最初は結構慎重で何回も質問をされて「飲んで大丈夫ですか?」と……。でも信じていただいてからはずっと続けてもらえた、それがいい結果をね。骨密度は『回帰水のぷりんぷりん』との相乗効果が高かったんじゃないかと思います。

 

加藤 積み重ねと素直さ。そして「継続は力なり」ですね。こういうお話は全国の悩める方達に、本当に勇気を与えることにもなるんじゃないかなと思います。

 

話がずれますが、寝たきりになる原因の約4割が血管の病気ですが、膝関節など運動器の障害も約2割を占めています。つまり高齢者には丈夫な足腰が何より大事なんです。ぷりんぷりんにはコラーゲンやヒアルロン酸が入っているので、膝や股関節やお肌の健康には効果的で、これとC1の相性はベストです。

 

「身体の健康は心の健康 幸せを感じることが一番の健康法」

 

今、初老期うつとか、高齢うつとか、高齢者のうつが増えています。うつというのは漢方でいうと「気滞」という、気が滞っている状態。女性でいうと生理とか更年期障害の時によくありますね。精神的にも落ち込んで、それによってマイナス思考になる。高齢者というのは精神面でも弱くなって、ちょっと体調が悪くなると人にも会わなくなって……それが原因で認知症が進んだりもします。元気になれば外に出てきて何にでも興味がわき、前向きな気持ちを持てるようになれるんです。

 

富塚 こうした集まりの時に「いくぞ~」っていう気持ちになること、前は無かったわね。仕方ないから行こうかなという感じだったの。それが最近あちこちに電話掛けて「ねえ何着ていく?」

 

深尾 C1は発売当初からずっと飲んでいます。回帰水はそろそろ20年飲み続けてるんですけれど、こんなに元気になれるとは思っていませんでした。というのも、回帰水とのお付き合いの始まりが難病だったものですから。シェーグレン症候群という膠原病の一種で、唾は出ない、涙は出ない、肩は凝る、便も出ない、もう本当に無いない尽くしで、しかもその頃まだ40代でしたので、子供も小さくて、子供を置いてあっちへ行かなくちゃいけないのかなと……体調の不調でネガティブになっていて、本当に先が無い人生だったんです。それが加藤さんの明るい声で回帰水を伝えていただいて、飲み始めて1ヵ月ぐらいでスコンと改善しちゃったものですから、それからず~っと飲み続けて……早く良くなりたいということで4L、5Lと飲んで……それが功を奏したのか、本当に体調が良くなりました。C1が出たのが2013年ですか、それまでは回帰水だけで健康を維持してきたんですけれども、飲み慣れてしまったのか別の不安みたいなものが出てきたので、C1が出たのはチャンス! これから飲んでいこうということで飲み続けていきます。朝の目覚めもいいし、寝つきもいいし、本当に気持ち良くいい睡眠を取らせていただいて、体も軽いし、これからますます人生を謳歌出来るかなと思ってます。体が元気だと気持ちも明るくなって、前向きになれますね。「私なんか、私なんか」と、とにかく落ち込むことが多かったんですけど、回帰水やC1が入ったお陰で体ばかりでなく気持ちも元気になる、周りの人達との集まりがとても楽しくなりました。昨年の暮れに同級生が亡くなったんです。その時に私を含めて同級生4人でお通夜に行って、帰りにお茶したんですよ。そしたら一人は血圧が高い、一人は手のここが痛い、一人は静脈瘤、一人は目の手術を2回もしたと。そういう話ばっかり。私は何も無い。そういうことを聞いたら、回帰水とC1に巡り合えて本当に嬉しいなと。これからも自分の健康は自分で守っていきたいなと思っています。明るく楽しい人生を一緒に過ごしましょう。

 

C1は私もずっと飲んでるんですが、毎日アルコールも飲んでいるし、不規則な生活で最近ちょっと太ってきたし……でも最近の健康診断で私ね、中性脂肪41。分かります? 正常値が40~150なんですよ。悪玉コレステロール85、善玉コレステロール79。若い人、運動する人がそれぐらい。肝臓から血管から栄養状態から、どこも悪くない、いやいや性格悪いとかね(会場内、笑い)。ABCでいったらSランクなんです。お金は貯めてないかもしれないけれど、お金以上に大切な健康を貯めている。「金より命」でボーナス貰うより元気を貰うことの方がずっと嬉しい。

 

加藤 今までみなさんの体験は本当に素晴らしくて、血管というものがどれほど大事か分かりますね。やはり人が元気でいるためには、酸素や栄養、そういったものが必要なところにしっかりと送られて、きちっと働き、その老廃物がまたしっかりと回収される。このサイクルが大切なんだということが明確に分かった、そんな気がいたします。そして林先生の「お金より命」これが締めの言葉ですね。とにかく継続は力なりで続けていきたいと思います。みなさん今日はどうもありがとうございました。

 

2020年03月06日